都内で Ashdown RM-500-EVO 500w Rootmaster Head-アンプ

都内で Ashdown RM-500-EVO 500w Rootmaster Head-アンプ

 

都内で Ashdown RM-500-EVO 500w Rootmaster Head-アンプ

都内で Ashdown RM-500-EVO 500w Rootmaster Head-アンプ


RM-500はコンパクトサイズながら5000Wの出力を持ち、十分なサウンド・メイキングが行えるベース・ヘッドです。フロントパネ ルにはアッシュダウンの特徴であるVUメーターをレイアウトしたデザインで、コントロール上段にはロータリー・タイプの5バ ンドEQを一列に配しています。

5バンドEQはそれぞれ±15dbブースト/カットが可能で、100Hz, 240Hz, 660Hz, 1k5Hz, 7kHz のポイントを押さえた帯域をカバーています。さらにサブハーモニクスやプッシュ・タイプのシェイプ・スイッチ(+8dB@50Hz / +10dB@10kHz)を装備していますので、サウンド・ヴァリエーションの幅広さも魅力です。リアパネルにはライン・イン、バラン スドDIアウト、エフェクト・センド/リターンを装備し、拡張性のあるフットスイッチ端子も用意されています。(FS-2フットスイッ チは別売)スピーカー出力端子はコンビネーション端子を採用し、スピコンまたは1/4”標準プラグのどちらでも接続可能と なっています。

パワー出力500W RMS
スピーカー出力端子コンボ端子X2(Speakon、1/4”Phone)
スピーカー出力インピーダンス4Ω(Minimum)
周波数特性-3dB @ 17Hz to 30kHz
入力インピーダンス(Hi)3.9MΩ(150mV - 20V p-p)
入力インピーダンス(Low)10kΩ(300mV - 40V p-p)
ライン入力インピーダンス22kΩ(0dBu)
DI出力インピーダンス600Ω(-20dBu withGround Lift)
チューナー出力インピーダンス22kΩ(0dBu)
S/N比-80dB(EQ flat)
EQ Bass +/-15dB@100Hz
Lo Mid +/-15dB@240Hz
Middle +/-15dB@660Hz
Hi Mid +/-15dB@1.5kHz
Treble +/-15dB@7kHz(shelvingDeep+)
SENDインピーダンス 22kΩ(0dBu)
Returnインピーダンス22kΩ(0dBu)
歪率0.5%THD
サイズH86 x W315 x D235mm
重量4kg
消費電力1100W MAX
SANKYO FLUTE SILVERSONIC 三響フルート シルヴァーソニック C管 カバードキー ニューEメカ 《倉庫保管新品をお届け※もちろん出荷前調整》NEL 管体銀製【WEBSHOP】